設計士と創るデザイナーズ住宅

title_interior

お家が完成すると、次に気になるのがインテリア。
どんなインテリアを選べば、センスのいい部屋になるのか…
悩むことも多いのではないでしょうか。
インテリアを選ぶ上でのちょっとしたポイントをお伝えします。

photo_yoshikawa

インテリアを選ぶことは、簡単なようで意外と難しいんですよね。
完成したお家に合う家具や小物や雑貨を置かないと、
折角、新築した家が残念な事になってしまうこともあります。
そこで、設計士吉川がインテリアのポイントをお伝えします!

設計士吉川の「インテリアを選ぶ上で、気をつけるポイント」

統一感を持たす

照明3

統一感を持たすには、お部屋の色と合う色を選ぶという事と、
家具の系統を揃えたり、家具一式の色みを揃えるという事。

色みが揃っていたり、家具の系統を揃えるだけで、
とても統一感のあるお部屋になります。
床や扉、壁や家具は、お部屋の中で大部分を占めるところ。
あまり違った色を選んでしまうと、ごちゃごちゃしたお家になってしまいます。
個性を出されたいなら、こういった大部分を占める部分でなく、
小物や雑貨などで色や個性を出されるといいかと思います



ネット購入は注意が必要

パソコン

今の時代、何でもネットで購入できる時代です。
ネットで買い物することは便利ですが、家具等、大きな物を購入される場合、
素材や色味、触り心地等、実際には分からない部分が多くございます。
一度、どこかでご覧になられて、ネットで購入でしたらいいかと思うのですが、
見ないうちに購入するのは、お値段もお値段ですので、注意が必要です。
また、イメージがわかないという方は、一度同じ商品を置かれている写真等を
ご覧になられるといいかもしれません。



一つのお店だけで決めず、何店かご覧になられてからの購入を

家具といっても、値段はさまざまです。また、安価な物でない為に、複数ご覧頂いてからの購入をお勧め致します。
用途は同じでも、お店によって品物も全然違います。



自然素材のものを選ばれる場合

机

自然素材は、あたたかみがあったり、味が年々出てきたり、加工されてる家具とはまた違う良さがあります。
その分、注意事項もございます。例えば、一枚板のテーブルですと、雰囲気はいいが、木が生きているので、反ってきたり、水を吸い込んだりするので、お手入れは少し手間がかかります。
また、あたたかみのある物だと柔らかい素材が多いので、キズがつきやすかったり・・・と、いう事もございます。それも味!!と、お考えの方には、お勧めですが、手入れはちょっと…と、いう方には、あまりお勧め出来ません。



家と違って、インテリアは買い替えが可能な物です。家具だとお値段も掛かりますが、小物やカーテン・ソファーカバー等、気分や季節に合わせてインテリアを変えたり、模様替えをしたりするのもいいかもしれませんね。

S-STYLEでは、インテリアなどのご相談も承っておりますので、どうぞお気兼ねなくお尋ねください。

PAGETOP