設計士と創るデザイナーズ住宅

title_genba

デザイナーズ住宅を建てたい、自分たちが思い描いていた家をそのまま形にしたい…。
その想いを、実際に形にしていくのは建築現場にいる職人の方たちです。
今回は番外編として「S-STYLEが建築現場において気を配っている点」についてご紹介いたします。

講師紹介

理想の家を建てたいと願うお客様の為に、S-STYLE では、
実際に作業をする建築現場のスタッフと詳細な打合せをしていきます。
私達、S-STYLE が建築現場でお客様の想いを形にするために、
気をつけていること、お客様が建築現場に来ていただいて安心して
見学できるポイントをご紹介します。

番外編「S-STYLEが建築現場において気を配っている点」

現場で確認

現場1

お客様との打合せで、プラン・カラーコーディネート・電気配線 etc…
たくさんの内容を決めます。それを、しっかりと現場に伝えられているかが大切です。現場に伝えた内容の確認をすること、お客様に現場に来ていただき図面では把握しづらいコンセントやスイッチの高さ・場所などを確認していきます。
これから、毎日生活していく場所なので使い勝手が大事ですよね。

現場のマナー

外観3

建築現場は、様々な職種の職人さんが関わり完成に向けて仕事をします。 建築現場に行ったときに、職人さんがあいさつをしてくださると、気持よく現場を見ることができると思います。 よくお客様のお家なのに、工事中だと遠慮されて中に入ることを躊躇されることを聞きます。現場で、あいさつだけでもコミニケーションがあることが大切です。

現場の整理整頓

現場2

お客様のお家がきれいに完成することは、当たり前ですが、工事中の現場もきれいだとお客様が現場に行かれたときに、安心されるポイントだと思います。 整理整頓はもちろん見学したときに、印象が良いと思います。それ以上に、現場が整理整頓されていると安全に繋がります。建物の中、建物の外もちゃんと整理整頓されているかをチェックするのも建築現場の見るポイントだと思います。


住宅は現場で、職人の方々が作り上げていきます。
S-STYLE では設計士が現場とコミュニケーションを密にして、お客様と打合せた内容を現場に伝えていきます。
また、お客様がいつ現場に来て頂いてもよいように、現場の整理整頓・マナーを徹底しています。
お客様のお家づくりに関わる全ての方の満足をめざして努力しています。

PAGETOP