設計士と創るデザイナーズ住宅

title_person2

私たちS-STYLEでは「担当一貫型システム」でお客様をお迎え致します。
担当一貫型システムとは、ご相談から打合せを含む設計、
施工の際の立会までを一人の設計士が担当することを指します。
前回に引き続き「担当一貫型システム」のメリットをお伝えします!

photo_yoshikawa

[担当一貫型システム]よってお客様に安心して家づくりに臨んで頂けるメリット。
今回は設計士吉川がご説明いたします。

担当一貫型システムのメリットは、何も”伝達ミスの排除”だけではありません。

お施主さまのご希望される家のイメージは、お施主さまで千差万別です。
いわばこの”伝わりにくいこと”を把握した担当者が一貫してタッチすることで、
そのイメージを実現しやすいという利点があります。

外観8
そのため、私たちS-STYLEでは打合せに比較的時間をかけます。
家やインテリアをテーマにした雑誌が手元におありなら、「こういうスタイルが好みです」と持ってきてくださいね。
また、日頃街で目にした雑貨や内装で「こんな感じのものが好き」というものを目にしたら、写真に撮ってきてください。
私たちは、それを参考に最善のプランをご提案させていただきます。

また、プランの段階からお客様の想いを聞かせて頂くので、様々なご提案をしやすくなりますし、想いを聞くことでお客様との距離が縮まり、仲を深めることができます。 お客様との仲が深まると、一般的には聞き出せないお客様のご要望を教えていただけることもあるので、私たちはその想いをより家づくりに反映できることが出来ます。

9

家という大きな箱をつくるだけでもご心配だと思います。
「せっかくの注文住宅だけど理想通りにするのは難しいのではないか」と、家づくりを高いハードルと捉えていらっしゃる方も少なくありません。

ですが、私たちの家づくりのように、「一人の担当者に理想を伝えることで一貫した家作りができる」ことは、お客様にとって各担当者が変わる度に理想を伝えないといけない、といった面倒な負担をなくすことが出来ます。

外装・内装・インテリアで大変なことがあるとすれば、イメージの擦り合わせです。
そこで、私共では上記のように、雑誌や写真などを媒体としてお施主さまのお好みを的確に把握するように努めます。
また、施工例を見ながらイメージを膨らますこともしていきます。

naikan-9
ですが、最初から根を詰めた打合せは致しません。
まずはお施主さまと担当者の間での相互理解を深めるため、家づくりを中心とした雑談をさせて頂きます。
「家とは何か」といった哲学的な話題となることもあるかもしれません。
または「お子さまにはどんな人になって欲しいですか」といった、ご家庭の将来を一緒に想像してみる事もあるかと思います。
そのような雑談から、お施主さま・担当者間で家づくりに対してのスタンスをきっちりと合わせた上で、具体的な打ち合わせに入ります。

「お友達と話しているみたいで楽しかった」と、相談・打合せの期間を振り返ってくださるお施主OBさまもいらっしゃいます。

「家は建てたら一生もの」―お施主さまと担当者とは長いお付き合いになります。
だからこそ、相談から打合せの期間を、私共は一番大切に考えているのです。

もちろん、現場で作業が始まった後もそのテンションを緩めることは致しません。
担当設計士が定期的に現場を訪れ、お施主様からお伺いしたイメージを実現するため、細かなチェックを行います。
もちろん、お施主さまが現場にいらっしゃる日がわかっていれば担当者も駆けつけ、一緒に建材の色合いやテクスチャのチェックを行って頂くこともあります。

雑談から生まれる理想のイメージ―これを実現するためにも、担当一貫型システムという、私共とお施主さまとの間での長期のお付き合いをお願いしているのです。


——————————————————————————————————-
滋賀県でおしゃれなデザイン住宅を建てるならS-STYLE(エススタイル)までご連絡ください!

S-STYLE
〒520-3022 滋賀県栗東市上鈎459-8
TEL 077-554-1008 / FAX 077-554-1323
営業時間:9:30〜20:00 / 定休日:水曜日
設計対象エリア:滋賀県(大津市・草津市・栗東市
守山市・野州市・湖南市・甲賀市・その他)
Facebookページはこちら https://www.facebook.com/s.style2004.co.jp
コンタクトフォームはこちら http://s-style2004.co.jp/request/
PAGETOP