設計士と創るデザイナーズ住宅

title_0619

前回、「お客様との距離を縮めるためにしている努力Part1」でも、 私共がお客様と設計士とのつながりを強くするために心掛けていることを少しお話しました。 いずれも、営業マンを置かず、直接設計士がお客様のご意見を直接お聞きし、 お客様の希望されるこだわりの世界に一つだけのマイホームを一緒に作り上げるために、私共が大切にしている事でした。
今回は、更に一歩踏み込み、ご相談から設計段階で私共が何を行っているかをお話したいと思います。


photo_yoshikawa

[担当一貫型システム]よってお客様に安心して家づくりに臨んで頂けるメリット。
今回は設計士吉川がご説明いたします。


・平等な立場でご意見をお聞きし、またこちらからもアドバイスさせて頂きます。
・お好みや趣味、家に対するお考えをより細かく理解するために、雑談も大事に致します。
・お客様対設計士という見えない垣根を取り払うため、友人の一人となれるよう努力いたします。
・具体的な事例をお見せしながら、「未だ見えないマイホーム」をイメージして頂けるような打合せを心掛けます。


ssssox

お客様には、「こんな事を言っても大丈夫かな」と不安を持っていただきたくありません。
例え、いくつかの制約のため、お客様の思い通りの形にならなくとも、何らかの解決策をプロの目でご提案致します。
これこそが、設計士が直接お話をお聞きすることの最大のメリットなのです。

お客様の望む家、ライフスタイルにより近づけるため、まずはお客様と設計士とがまるで
友人の間柄のような関係であるべきだと考えています。
「どう思う?」「こうすればいいと思いますよ」―お茶を飲みながら友達同士が会話をするような安心感があってこそ、
お客様も自由にお考えをお話くださるものと思っているのです。


eeedd

実際に、過去私共が家づくりのお手伝いをさせて頂いたお施主さまからも、
「気楽に臨めた」「何でも受け止めてもらえた」とご満足のお声を頂いています。

ご相談の段階から、お友達の家にお茶を飲みに立ち寄るような、気楽な気持ちでいらしてください。
家づくりは、時には半年以上かかる場合もございます。また、お引き渡ししてからも長くお付き合いを頂くものです。
どうぞ、ご自身の「夢のマイホーム」のお話を聞かせてください。

何から話せばよいのかわからない―そんな状態でも大丈夫です。
雑談の中から、お客様のお好みやご希望をイメージしながら、それに近い施工例をご覧頂きながら進めて参ります。



——————————————————————————————————-
滋賀県でおしゃれなデザイン住宅を建てるならS-STYLE(エススタイル)までご連絡ください!

S-STYLE
〒520-3022 滋賀県栗東市上鈎459-8
TEL 077-554-1008 / FAX 077-554-1323
営業時間:9:30〜20:00 / 定休日:水曜日
設計対象エリア:滋賀県(大津市・草津市・栗東市
守山市・野州市・湖南市・甲賀市・その他)
Facebookページはこちら https://www.facebook.com/s.style2004.co.jp
コンタクトフォームはこちら http://s-style2004.co.jp/request/
PAGETOP