LINE UP 商品紹介

S-STYLEがご提案する家の 特徴やスタイルについてお話します。

S-STYLEの基本設計プランは“モダン系”です。
モダンとは、現代的・近代的という意味。
シンプルモダン、和モダン、屋上庭園、スキップフロア、プロヴァンス風、など
様々なスタイルをご提案してきましたが、
オシャレで、カッコいい家とご評価いただいています。

私たちがデザインとともにこだわっているのが耐震性。
日本で家づくりをする以上、地震のリスクを常に頭に入れて置かなければなりません。

私たちは、パナソニックが開発した耐震住宅工法「テクノストラクチャー」工法を取り入れていますので、
徹底した耐震仕様部材と構造計算によって、震度7にも耐えられる強度を確保しています。
木と鉄を融合させるテクノロジーにより、木造ならではのぬくもりと鉄骨の耐震性を同時に実現することができました。

この「テクノストラクチャー」工法は耐震性が高まることはもちろん、デザイン的にもメリットがあります。
一般的な木造軸組工法で約3.6mしかとれなかった柱と柱の間を、最大約6mまで広げられます。
そのお陰で間取りの自由度は飛躍的に上がり、
20畳以上もの大空間や、ワイドビューを楽しめる大きな窓の設置も可能になりました。

S-STYLEが提案するオシャレでカッコいい家づくりには、この「テクノストラクチャー」工法が欠かせません。

デザインと、安全・安心を両立させるこれがS-STYLEの家づくりです。

テクノストラクチャーについて

パナソニックが開発した耐震住宅工法、テクノストラクチャーは
フレーズ構造の強靭な耐力壁をはじめ、その強さを最大限に引き出す
構造計算システムなど、あらゆる角度から大地震にも安心できる
優れた耐震性を追求した工法です。

高性能部材

テクノストラクチャーでは、金具ひとつにまで細かな仕様を規定しています。地震や災害にも耐える高強度部材が、住まいをしっかり支えます。

過酷な試験で実証された高耐震性

テクノストラクチャーの実物大住宅による加振試験では、阪神淡路大震災クラス(震度7相当)の5回の揺れにも構造体に損傷がないことが実証されました。

テクノビーム

「テクノビーム」は木材と鉄骨の組み合わせで構成された複合梁です。強さに加え、安定した品質を保つ最新の「テクノビーム」が、地震や台風に強い新しい木の住まいを支えます。

強固なオリジナル接合金具での接合

各構造材の接合部には、オリジナル接合金具を採用。構造体をガッチリと緊結し、高強度を実現します。

コンピュータによる構造計算システム

コンピュータにより、精密な構造計算・構造解析を、一棟一棟で実施。構造的な不安を解消した信頼の設計を実現する独自のシステムです。

S-STYLEの家が安心安全な理由

構築材(柱・梁)全てに10年間の保証保険付き 含水率15%以下の材料を使用。
Low-eガラス標準仕様

サッシはすべてLow-eガラスを採用。 遮断・断熱効果を発揮し、嫌な結露を防ぐのでカビ・ダニの発生も抑える効果があります! 紫外線も82%カット。

健康住宅」体にも安心・安全!

「土台・大引きは標準装備で桧(ヒノキ)材を使用! 白蟻駆除の薬剤散布も必要ありません。

PAGETOP