Q&A ガチンコ相談室

2.デザイン住宅は住み心地より
見た目重視なの?!

デザイン住宅を建てる時、「見た目のかっこ良さ」だけを気にしすぎて「住み心地」が良くない家になってしまった...という話をよく聞きます。そのような家にしない為にはどうしたらいいですか?

answer

デザイン住宅を建てる時、デザイン性や素材、構造などにこだわりすぎてしまうことがあるかと思いますが、住宅にとって一番大切なのは「自分の好みの家にすること」と「住み心地」です。
デザイン性を高めた住宅でも、住み心地が悪かったら意味がありませんし、構造にこだわり過ぎて自分の好みの家でなかったら意味がありません。

住宅会社によって、その得意分野は様々です。自然素材の家を得意とする会社もありますし、デザイン性を追及する会社や、耐震を重視する会社もあります。お客様はその会社の得意分野を見て判断することが多いと思いと思いますが、会社のブランド名や見た目のかっこ良さだけで決断してしまうと、思わぬ失敗に繋がってしまいます。

例えば、「かっこいいデザイン住宅を建てたい!」と、高いデザイン性を追及するあまり、構造部分をあまり考えずに家を建ててしまったとしましょう。
このような場合、実際に住んでみると「意外にも暑い家だった」とか「外の音が思ったより聞こえる」とか「もしもの災害がおきたときに耐えられる家ではなかった」という場合があります。デザイン住宅が流行ってきている昨今ですが、実はこのような話はよくあることなのです。

これは、建てて住んでみないとわからない部分だったりするので非常にやっかいなのです。建ててからでは後の祭りです。ですから一番最初の段階で、検討している住宅会社が建てた家をしっかり見学し「デザイン性を追求しながらも素材感や目に見えない構造部分もちゃんと大事にする」という家づくりをしていくことが大切といえるでしょう。

S-STYLE【エススタイル】では、お客様のご要望にあわせ、どのような住宅にも対応しております。お客様の「好み」と「住み心地」にこだわりながら理想の家の実現のお手伝いをいたします。

またS-STYLE【エススタイル】では、ご希望に合わせOB様のお宅に見学にいって頂くことも可能です。
お客様のお好みに合わせて、どんな家をお望みなのか、設計士が時間をかけてゆっくりお話を伺いますので、お気軽にご相談ください。

PAGETOP