SPECIAL 理想の家を建てるには

坪単価のマジックを知ろう

坪単価のマジックを知ろう
「坪単価」とは、1坪あたりの建築費のことです。この坪単価は、注文住宅の価格を表す時に使われていて、住宅のグレードやおおよその価格を知ることができます。

坪単価は、一般的に「建物の本体価格」を「延べ床面積(坪)」で割った数値で表されています。 しかしこの算出方法には規定がなく、各建築会社によって異なります。「建物の本体価格」の考え方も建築会社によって異なりますし、「延べ床面積」でなく「施工面積」を使って坪単価を算出する会社もあります。ですから同じ坪数の家の坪単価が、A社「50万円」B社「80万円」だったとしても、A社のほうが安いと安易に判断することはできません。
また、家のおおよその価格を知ることはできますが、注文住宅は使用する建材によって価格が変わるので、詳細見積りをとって建材・素材のグレードを確認することが大切です。

「建物の本体価格」の考え方の違い


ほとんどの建築会社では「建物の本体価格」は、パターン①の建物本体のみを対象にしています。しかし、実際に住むためには、パターン②のようにキッチンや浴室などの水回りや電気・ガス等の設備工事が必要になります。坪単価の中にこの設備工事が含まれていない場合は、坪単価に加え設備工事費用が発生します。パターン③のようにカーテンやエアコンの工事まで含めた本体価格の場合、別途費用が発生せず、すぐに快適な状態で新生活を始めることができます。

述べ床面積と施工面積の違い




延べ床面積とは、各階の床面積を合計した面積のことです。玄関ポーチや吹き抜け部分、出幅が50cm以下の出窓やウッドデッキは、建物の外部として考えられるため延べ床面積には含まれていません。
施工面積とは、その名の通り実際に施工した部分の面積のことです。延べ床面積に含まれないすべてのものが含まれています。

算出方法で変わる「坪単価」

同じ建材・資材でつくられ、建物の本体価格が同じでも、算出方法によっては坪単価が変わります。 ここで実際に計算して見ましょう。

建物の本体価格が2000万円 延べ床面積が40坪の場合
パターン①なら 2000万円÷40坪=坪単価50万円 になります。

建物の本体価格が2000万円 施工面積が50坪の場合
パターン③なら 3000万円÷50坪=坪単価60万円 になります。

パターン①の方が坪単価は安いですが、付帯工事費用が多く発生します。坪単価に加え多くのお金を払う必要が出てきます。パターン③は坪単価は高くなりますが、別途費用はかかりません。

坪単価は住宅の価格の目安にもなりますが、安易に坪単価だけで決めてしまうのはとても危険です。 その坪単価にはどこまでの工事が含まれているのか、そもそもどのようなグレードの建材、素材を使用するのか、またどのような算出方法で坪単価を出しているのか、建設会社にしっかり確認することが大切です。

PAGETOP