SPECIAL 理想の家を建てるには

資金計画をきちんと立てよう

家づくりを始めたタイミングで行う必要があることが「資金計画」です。
家づくりを始めると、誰でも夢が大きく膨らんでしまうものです。資金計画はそれを現実に引き戻す作業といっても過言ではありません。
資金計画をきちんと立てておかないと、家を建てた後の生活に余裕がなくなったり、住宅ローンが払えなくて家を手放すような結果にもなりかねません。実際、そのような方が増えているのが現状です。

まずは家づくりにかかる費用を知りましょう

家づくりにかかる費用は土地代と建物代だけではありません。
土地を購入すれば土地諸費用が、建物を建築すれば建物諸費用がそれぞれ発生します。

土地購入費 + 土地諸費用
・不動産取得税
・登録免許税
・司法書士費用(登記費用)
・仲介手数料
・印紙代
+ 土地によっては…
・地盤改良工事費用
・造成、整地費用
などが発生します
建物建築費 + 建物諸費用
・固定資産税
・都市計画税
・住宅ローン手数料、保証料
・司法書士費用(登記費用)
・火災・地震保険料
・印紙代
+ その他にも…
・別途工事費用
・外構、造園費用
などが発生します

これら諸費用は総予算のおよそ7%に相当します。総予算が3000万円だとしたら約210万円。決して安い金額ではありません。
この諸費用分を頭に入れて計画しないと、予算を大きくオーバーしてしまいます。
予算オーバーになって後から困らないよう、家づくりにかかるすべての費用を知ったうえで総予算を立てるようにしていきたいですね。

住宅ローンの種類は?

家を購入する時、ほとんどの方が住宅ローンを利用します。
住宅ローンにはいろいろな種類があり、一般的に金利や返済方法が一定のタイプは資金計画が立てやすいです。
また、金利や返却方法が変化するタイプは、金利変動の影響を受けますが上手に活用すると得になります。
それぞれの特徴と利点については以下の通りです。

金利タイプ

金利のタイプ特徴利点向いている人
全期間固定金利型 借入から返済までの
金利が固定される
・家計の管理、
資産管理がしやすい
・子どもが小さい人
・将来出費が多くなると
予想される人
固定金利
期間選択型
一定の期間の金利が
固定されるが、期間終了後は
その時の金利で返済額が見直される
・固定期間は自分で選べる
・状況に合わせた返済ができる
・将来的に家計に余裕がでる人
変動金利型 金利変動の影響をうけ、
その都度金利が変わる
・高金利の時長期間借りると得
・低金利の時短期間で返済すると得
・収入に対借入額が少ない人
・共働きで家計に余裕がある人

金利タイプ

返済方法特徴利点
元利均等返済 毎回の「返済額」が 一定になる ・返済計画が立てやすい
元金均等返済 毎回の「元金」が 一定になる ・将来の負担が少なくなる

住宅ローンを考える上では「何年で返済するか」もしっかり検討しなければなりません。
住宅ローンの返済期間は、最長で35年。返済年数は毎月の返済額と総返済額に影響してきます。
〈例:3,000万円借入れ 金利1.5% 元利均等返済の場合 *金利は目安です〉

毎月返済額総返済額
20年144,763 円3,474 万円
25年119,980 円3,599 万円
30年103,536 円3,272 万円
35年91,855 円3,658 万円

返済年数が短いほうが総返済額は少なくなりますが、毎月の返済額は増えます。
毎月の返済額を減らせば 返済期間は長くなりそれに比例して総返済額が多くなります。

住宅ローンを設定する時は、どの金利タイプが向いているのか、どの返済方法をとるのか、また返済期間をどのくらいに設定するのかを考慮し、無理のない返済計画を立てることが望ましいでしょう。

頭金っているの?

頭金は、建築費の2割用意することが理想とされています。
頭金を用意したほうが住宅ローンは通りやすく、また借入金を少なくすることができるので将来的にも資金面の負担は軽くなるでしょう。ただし、頭金を貯めるまでには何年もかかる為、ローンを組む年齢が遅くなったり、その間家賃を払うことを考えると、資産になる住宅を購入したほうが得な場合もあります。タイミングを考え、頭金なしで住宅を購入されている方が増えているのも事実です。

「借りられるお金」と「返せるお金」が違うこと、知っていますか?
借入できる金額は、それぞれの金融機関で年収に応じて算出されます。ここで気をつけていただきたいことは、借りられるお金「借入可能限度額」と返せるお金「返済可能額」は違うということです。
まず最初に考えていただきたいことは、毎月いくらまでなら返済が可能かということです。住宅ローンだけでなく車のローン、教育費、保険料など、毎月必ず出て行くお金がどのくらいなのか、再度家計を見直してみてください。見直したうえで毎月の住宅ローンにかけられるお金を算出し、金利、返済方法、返済期間などと組み合わせながら借入する額を決めていきましょう。住宅ローンを設定するときは家計を見直すチャンスでもあります。毎月どのくらいのお金がかかっているか、余裕のある暮らしをするにはどのくらいのお金が必要かなど、家を建てた後の生活を想像しながら資金計画を行うことも重要です。

このように、将来を見据えた資金計画を立てるためには、考えなくてはならないことがたくさんあります。
どのような方法が一番良いのか判断しにくい時は、ぜひ西和ホームにご相談ください。
西和ホームでは資金計画をはじめ、家づくりに関する相談やご質問をいつでも承っております。お気軽にご相談ください。

PAGETOP