SPECIAL 理想の家を建てるには

家づくりの流れを知ろう

注文住宅の家づくりは、最初の相談からお引渡しまでに1年くらいかかるのが一般的です。その間どのような手順をふめばいいのでしょうか。理想の注文住宅を建てるために、おおまかな家づくりの流れを把握しておきましょう。

家づくりの流れ

流れ

セミナーでわかりやすくご説明
・家の買い時と、一生のお金の使い方セミナー
・60分でわかる!資金計画セミナー
・失敗しない土地探しセミナー

1. 土地選び

不動産屋さんを通して探すのが一般的です。施工する工務店やハウスメーカーが決まっているなら、その会社が土地探しをしてくれる場合もあります。
土地探しは、土地と建物を両方考えられる中立的な立場である地元住宅会社に相談することをおススメいたします。

2. 工務店・ハウスメーカー探し

ほとんどの方の場合「設計・施工」の両方を、工務店やハウスメーカーに依頼します。
ホームページや住宅雑誌などを参考にたくさんの情報を集め、自分に合う工務店やハウスメーカーを探してください。

3. モデルハウス見学・内覧会への参加

気に入った工務店やハウスメーカーが見つかったらその会社がつくった家を見学に行きましょう。
実際の家のつくりや会社の雰囲気を知ることが大切です。

西和ホームのモデルハウス

西和ホームには複数のモデルハウスがあるので生活がイメージしやすいの家をみることができます。
自分に合ったテイストの家を探しやすいと評判です。それらのモデルハウスは現実離れしていない大きさなので建てた後の生活を想像しやすいというのもメリットです。

ハウスメーカーの展示場

豪華絢爛な家が立ち並ぶハウスメーカーの住宅展示場は、複数の会社の家を比較することができますが、実際に建てる家とのギャップが埋まりかねないので注意が必要です。

4.希望条件の整理

家をつくるにあたり絶対に譲れないもの、こだわりたい部分は家族それぞれ違うものです。
ある程度、家や住宅会社の基礎知識がついたら「希望条件」について家族で話し合っておきましょう。

5.見積もり

希望条件について家族の意見がまとまったら工務店やハウスメーカーに伝え相談します。
それを基に工務店やハウスメーカーから簡単なプランを描いてもらうのが一般的です。ここでおおまかな見積もりを出してもらいます。

6.工務店・ハウスメーカーの比較、決定

間取りや価格、提案力や担当者の信頼度などを比較検討し、家づくりのパートナーを決めます。

7.詳細設計

簡単なプランの図面を基に実際に建物を建てていくための詳細な図面を描きます。
仕上げ材や内外装の材料、設備機器の仕様もこの段階で決めていくのが一般的です。見積りをだしてもらい、金額がよければ工事を始めます。

8.着工

工事の安全と末永い加護を願う地鎮祭を終えたら工事が始まります。 ここからお客様のやりとりは営業から現場監督が中心になります。西和ホームでは、設計士が初めから最期まで家づくりのパートナーですから工事が始まってからも細かい専門的な相談にのることができます。

9.竣工・お引渡し

建物の完成です。建物が出来上がると、施工者やお客様などによる竣工検査を行います。
少しでも問題があれば手直しを行い、お客様にお引渡しします。

10.アフターメンテナンス

メンテナンスは一般的に、施工をした会社が行います。竣工後3ヶ月、1年、2年といった時期に家にお尋ねし、雨漏りの有無、内外の変形や塗装の状況、設備の不具合などをチェックします。

基本的には無料で行われますが、料金が発生する場合もございます。
メンテナンスの内容、期間について事前にチェックしておくことをおススメいたします。
西和ホームでは、家は建ててからが本当のお付き合いが始まりだと考えています。
西和ホームのアフターメンテナンスの詳細はコチラ。

PAGETOP